main-head

  • 取り扱い製品
  • エレポット
  • 特徴
  • 仕様
  • 別売り部品表
  • 熱処理温度表
  • 1400℃仕様
  • オプション
  • エレパック
  • 特徴
  • 種類
  • 加熱乾燥炉
  • コンベヤ型
  • 台車型
  • キャビネット型
  • 電気炉
  • 正面扉式
  • 上扉式
  • シールピールタンク
  • 特徴
  • 仕様

〒223-0058

横浜市港北区新吉田東8-37-37

TEL:045-545-1410

FAX:045-545-1402


メール:

info@hatadenki.co.jp


<営業時間>

 8:00~17:00

<定休日>

 土日祝日

海外営業所

香港支店

畑電機(香港)有限公司

香港沙田愉翠苑愉善閣大厦

電気炉について

工業炉を熱源で分類すると電気炉と燃焼炉(ガス炉)に分けられます。
電気炉は電気エネルギーを熱に変換して被熱体にそれを伝えて加熱し、燃焼炉は火炎及び燃焼生成ガスからの放射、対流によって加熱します。


電気炉には抵抗加熱、誘導加熱、アーク加熱などがあり、電子ビームやプラズマによる加熱も利用されています。 抵抗加熱用の発熱体には金属製のものと非金属製のものがあり、金属製のものにはニクロム、鉄クロムなど、また、1,200℃以上の高温用としてモリブデン、タンタル、タングステンなどの耐熱金属が使われています。非金属発熱体には、炭化ケイ素製のものが多く、高温用としてランタンクロマイトやケイ化モリブデン製のものに加えて黒鉛が使われています。


弊社で採用している電気炉の方式は、抵抗加熱方式になります。


製品ラインナップ

エレポット電気炉

エレポット

簡単操作の小型電気炉です。

納期は即納。

1150℃までの幅広い温度に対応。

 

エレパック

エレパック

酸化・脱炭を防ぐステンレス製の

パックです。

真空炉に代わる簡易的な光輝熱処理用。

加熱乾燥炉

加熱乾燥炉

ワークの加熱や乾燥等、様々な用途の

熱処理炉をご希望の条件で設計・

製作します。

電気炉

電気炉

焼入れ・焼きばめ等の様々な用途の

電気炉をご希望の条件で設計・

製作します。

シールピール・タンク

シールピール

金属製品のサビや傷を防ぎたい方に!

溶かした溶剤に浸すだけで保護が

出来ます。

ご希望の炉を特注で製造します!

<(株)畑電機製作所のポイント>

1.熱処理装置一筋で営業してきた長年の経験から、作業効率を考えた炉の形状や
  温度制御、設備費用を抑える方法など、ユーザー様の立場に立って最善の提案を
  します!

2.自社で設計から製造・仕上げまで行っているので、融通を利かせて皆様のご要望に
  対応します!

3.ヒーターの表面積当たりのワット密度を低く設計しているので、ヒーターへの負荷が

  少なく、ヒーター寿命が長くなり安心です!

4.納品後のアフターサポートもしっかり行いますので安心です!

  お見積りのご依頼は、下の「お見積りシート(PDF版、Excel版)」をご記入頂き、

  FAXまたはメールでお送り下さい。お電話でのご相談も受け付けております。

  お気軽にお問い合せ下さい。

畑電機製作所の電気炉/加熱装置の加熱方式

一般的な電気炉/加熱装置には、大きく分類すると抵抗炉・誘導炉・アーク炉の3種類があります。 当社では抵抗炉を採用しており、コイル巻ヒーターに電流を流して、発生するジュール熱を利用して加熱します。使用温度600℃以下では、自社オリジナルの循環プレートファンを設置すれば、炉内の空気を循環撹拌できて炉内温度を均一にできます。最高温度1400℃仕様では温度によって抵抗値が変わる炭化ケイ素(SiC)発熱体ヒーターですが、制御に電力調節器(サイリスタ電力フィードバック方式)を使用しているため、自動で安定した電力コントロールが実現しています。

燃料炉と比べた電気炉のメリット

・精度の高い温度制御ができ、安定した加熱が行えます。

・排気ガスが出ないのでエネルギー損失がほとんどなく、無駄なく効率的です。

・排ガスや廃油が出ないので環境に優しく、またそれらの処理設備も不要のため費用的にも

 安価にできます。

・熱効率が良いので、ランニングコストが抑えられます。

・夜間電力を使えば更なる経費削減が可能です。

・炉体・制御装置がスリム化でき、限られたスペースでも設置可能です。またそれに伴い

 価格も抑える事ができます。

・炉内に不純空気が入りません。

・不完全燃焼によるガス漏れや、爆発の心配がなく安全です。

畑電機製作所の歩み

弊社は創業以来、電気炉を始め重油炉、軽油炉、ガス炉等各種熱源に対応した熱処理装置や乾燥装置の製造を開始し、各種業界向けに大型設備を主体に設計、製造をして

参りました。

昭和55年頃より業界の様相も変化し、ご要望の多かった小型の熱処理電気炉「エレポット」を開発し、電気炉の量産即納販売を開始しました。国内だけに限らず、電圧などの違う東南アジア全地域にも輸出販売しております。

その後、国内外共に産業構造、素材の急速な変革時代に突入し、熱機器の高精度化が

要求されるに伴い、弊社は長年にわたり蓄積してきた熱に関するノウハウを発揮し、

産業界に貢献すべく邁進しております。

電気炉の畑電機HOME|会社概要|取り扱い製品|ニュース&トピックス|お問い合わせ|サイトマップ|